全てはプリニウス伝説から始まった。

ワイン醸造メーカー、ミケーレ・アロイスは、ワイン醸造分野にアロイス家の経験と情熱の根を、しっかりと根を張り、独自製造でまるで赤い糸のように、純粋さと規格品質の追求をしてきました。

家族の物語

世界の道を進む時、自分の家の近くにたどり着くことがある。あまり期待しないで待っていたみたいに、地理学者のフォン・リフィトホーフェンによって確認された有名なシルクロードのように、同じ古い記憶と、文明の集積と夢のなごり。それもまた、ある程度の道のりだ。ワインの道。

ワインと品質ある絹糸が、またどれほど自然に出会ったか証明するには、サンレウチョにやってくるだけで充分です。ここは世界の残りの部分と同じように、アロイスという名前は、太陽のフレアと同じように、世界で最も重要な部屋にあるシルク織物の生産と創造の品質と同じ意味なのです。クイリナーレ宮殿からホワイトハウス、ルーブルへ。
1885年ブルボン王朝フェルディナンド四世の時代に企業として生まれ、繊維業社として変容しながら常に家族長の指示のもと、徐々に確実に成功をおさめ、ミケーレ・アロイスの代が訪れる。戦後まで遡る前触れ、1992年、小さなワイナリーの畑に9種の土着品種を植え、こうして願い通りに二世紀に及ぶ王朝の仕事を分割しました。

Casamiadecor(カーサミアデコール) - Marzo 2005 n.105(2005年3月105号)

カイアーティ山の斜面、高地に広がる9ヘクタールの面積でミケーレ・アロイスは彼の夢を形にしました。ブドウ畑、ワイナリーそして1800年初期のブルボン朝のカントリーハウス。背は高くがっしりと体つきの良い、顔は大地の造物主のように、きれいな空気を愛し、田舎の空気を愛し、ポンテラトーネの家族の家で黙想をする時間を愛し、昔の思い出とゲーム心から生まれた一種の賭けの間に、カーサベッキアにある土着種の古いブドウ畑初めて、価値ある接ぎ木を移植しました。ひとつの賭けは大地の誇りなのです。

La Repubblica logo ..."I had the pleasure of this nature, I got it from my father who divided the day between the silk factory and the vineyard"... La Repubblica November 20, 2005 Original article
AD Architectural Digest

..."The vineyard for me is love, in sixty-plus years I have been back in the game: to make a good wine takes good grapes, and grapes to make a good one should not lose an eye: so I never miss though I have excellent employees."

AD Campania Edizioni Condé Nast - n.271 dicembre 2003
Giovan Francesco Alois

1500年代 ジョバン・フランチェスコ・アロイス 文学者、人文主義者

アロイス家の起源はカプアで15世紀後半カゼルタへ移動しました。世俗人ですが、起源がロンゴバルト族であることが明らかに記録されています。貴族出身ではありません。しかしながらカラッチョロ王国のように強力な一族と婚姻関係で設立した絆により、よく知られていました。

実際、ジョバン・フランチェスコ・アロイスは、約1510年イッポリータ・カラッチョロと、アロイシオ・アロイスとの間に生まれました。イザベラ・カラッチョロは5人の息子イポリータ、ベアトリーチェ、ルイッジ、オラッッイオ、ジョバン・バッティスタを産みました。

ピエディモンテ・ディ・カソッラに家族のカゼルタの住居であった(ピエディモンテ・ディ・カソッラの高い部分に現在でも見ることができます。カソッラ・ サンピエトロアドモンテスを通りながら昔は、カゼルタベッキアへ続く古い長い道でした)
通常ならサン・ニコラの教会にあるドン・ピエトロのナポリ居住区に邸宅を構えるところですが、カゼルタのスッポルティコと呼ばれるアーチに上にありました。そこにジョバン・フランチェスコはピエトロ・スンモンテ(1453 – 1526)と同じぐらい良く知られたマエスロ達を持っていました。特に、シッポーネ・カペーチェを通して時の多くの人文学者たちと交流を深めたようです。

ナポリ古典文学研究の環境の中では、ジョバン・フランチェスコは”Il Caserta(イル・カゼルタ)”と自称していました。

彼の思考や、情報研究は異端裁判により死刑判決になり、1564年3月4日死去。アロイスの死刑で民衆は蜂起し、近代改革化への批判でもあり、本来の反乱的な特徴であると注意すべき傾向であり、むしろ、死刑執行人としての残虐なギロチン処刑の原因は、処刑された人間の頭を燃やしたことでした。

パラファン・デ・リベーラ総督はスペイン国王に対しての手紙の中で全く別の状況を書き綴っていたのです。”村の貴族達の間で大きな争いがあったが、正義を見ることはなかった”。総督はスペイン王の指令期間中にこの様な特別な状況のままで放棄するわけにいきませんでした。ジョバン・フランチェスコ・アロイスの死刑は、まさに短い瞑想であり、組織であり、異端裁判所の役員とナポリの補助人たちに反対する蜂起のこぶしでもあったのです。

La Vigna del Ventaglio

1800年代 扇のブドウ畑

ワインの醸造は古代カンパーニアの伝統で、初代ギリシャ植民都市時代に遡り(紀元前8世紀)ブルボン王朝にとっても本当に情熱的であり、1700年代の終わりごろにサンレウチョに実験的なブドウ畑を耕作した。より良い方法で製造、保存ができる数品種の苗を植えました。現在でも一部分を垣間見ることができます。

扇のブドウ畑(19世紀初頭の数十年には、ワインは約80樽ほど作っていました)は、南東方向、現在のモンテ・サンレウチョ、展望台とサン・シルベストロにあり、10範囲に分割された半円形の農園がありました。

中心から分割されたそれぞれの区域にある入口の小さな門には、種類の違うブドウが植えられ石灰岩に文字が刻まれていました。サンチョ騎士は1826年に扇のブドウ畑を”自然、性質、下り傾斜な大地、この場所はまさにぶどう畑のために与えられた”と記載しました。

ブドウ畑は、パナーロ家が購入した複数の異なるいくつかの土地に(43の地方地図が明確に示しています)50年前に植えられました。

この場所は単一畑で、テーブルに置かれた植物のように見えます。扇のブドウ畑の名前は半円形で10区画に分けられたその形が扇にとても似ていたからです。そこから来ています。中央から分けられたそれぞれの区画に小さな入り口があり、それぞれ別の種類のブドウが植えられ、石灰華の目印がつけられていました。イタリアではブドウの丈は低く、合計で10.000本でした。

肥料のために使用される空豆ほかを除いて、ブドウ園に植えられた他の木も、他の種類の植物もありませんでした。丘の上、ぶどう畑の外にある木々に囲まれた農家に1828年に王家の家族を止めて休息させるためにいくつかの座席とベンチが建てられました。

家系図

Nicola Alois 1745 - 1813
Maddalena Dello Stritto Sposa nel 1770
Carmine Alois 1765 - 1837
Maria Ricciardi Sposa nel 1799
Angelo M. V. Alois 1800 - 1851
Carolina Di Stasio Sposa nel 1819
Francesco Alois 1825 - 1890
Maria C. D’Ardia Sposa nel 1852
Raffaele Alois 1861 - 1937
Maddalena Tescione 1857 - 1934
Giovanni F. P. Alois 1895 - 1966
Maria Papa 1900 - 1943
Michele Alois 07/03/1936
Raia Paola 1939 - 1986