扇のブドウ畑

インの醸造は古代カンパーニアの伝統で、初代ギリシャ植民都市時代に遡り(紀元前8世紀)ブルボン王朝にとっても本当に情熱的であり、1700年代の終わりごろにサンレウチョに実験的なブドウ畑を耕作した。より良い方法で製造、保存ができる数品種の苗を植えました。現在でも一部分を垣間見ることができます。

扇のブドウ畑(19世紀初頭の数十年には、ワインは約80樽ほど作っていました)は、南東方向、現在のモンテ・サンレウチョ、展望台とサン・シルベストロにあり、10範囲に分割された半円形の農園がありました。

中心から分割されたそれぞれの区域にある入口の小さな門には、種類の違うブドウが植えられ石灰岩に文字が刻まれていました。サンチョ騎士は1826年に扇のブドウ畑を”自然、性質、下り傾斜な大地、この場所はまさにぶどう畑のために与えられた”と記載しました。

ブドウ畑は、パナーロ家が購入した複数の異なるいくつかの土地に(43の地方地図が明確に示しています)50年前に植えられました。

この場所は単一畑で、テーブルに置かれた植物のように見えます。扇のブドウ畑の名前は半円形で10区画に分けられたその形が扇にとても似ていたからです。そこから来ています。中央から分けられたそれぞれの区画に小さな入り口があり、それぞれ別の種類のブドウが植えられ、石灰華の目印がつけられていました。イタリアではブドウの丈は低く、合計で10.000本でした。

肥料のために使用される空豆ほかを除いて、ブドウ園に植えられた他の木も、他の種類の植物もありませんでした。丘の上、ぶどう畑の外にある木々に囲まれた農家に1828年に王家の家族を止めて休息させるためにいくつかの座席とベンチが建てられました。