Gian Galeazzo Caracciolo - Vini Alois - Alois Wines

Gian Galeazzo Caracciolo

ジョバン・フランチェスコ・アロイス 文学者、人文主義者

ロイス家の起源はカプアで15世紀後半カゼルタへ移動しました。世俗人ですが、起源がロンゴバルト族であることが明らかに記録されています。貴族出身ではありません。しかしながらカラッチョロ王国のように強力な一族と婚姻関係で設立した絆により、よく知られていました。

実際、ジョバン・フランチェスコ・アロイスは、約1510年イッポリータ・カラッチョロと、アロイシオ・アロイスとの間に生まれました。イザベラ・カラッチョロは5人の息子イポリータ、ベアトリーチェ、ルイッジ、オラッッイオ、ジョバン・バッティスタを産みました。

ピエディモンテ・ディ・カソッラに家族のカゼルタの住居であった(ピエディモンテ・ディ・カソッラの高い部分に現在でも見ることができます。カソッラ・ サンピエトロアドモンテスを通りながら昔は、カゼルタベッキアへ続く古い長い道でした)
通常ならサン・ニコラの教会にあるドン・ピエトロのナポリ居住区に邸宅を構えるところですが、カゼルタのスッポルティコと呼ばれるアーチに上にありました。そこにジョバン・フランチェスコはピエトロ・スンモンテ(1453 – 1526)と同じぐらい良く知られたマエスロ達を持っていました。特に、シッポーネ・カペーチェを通して時の多くの人文学者たちと交流を深めたようです。

ナポリ古典文学研究の環境の中では、ジョバン・フランチェスコは”Il Caserta(イル・カゼルタ)”と自称していました。

彼の思考や、情報研究は異端裁判により死刑判決になり、1564年3月4日死去。アロイスの死刑で民衆は蜂起し、近代改革化への批判でもあり、本来の反乱的な特徴であると注意すべき傾向であり、むしろ、死刑執行人としての残虐なギロチン処刑の原因は、処刑された人間の頭を燃やしたことでした。

パラファン・デ・リベーラ総督はスペイン国王に対しての手紙の中で全く別の状況を書き綴っていたのです。”村の貴族達の間で大きな争いがあったが、正義を見ることはなかった”。総督はスペイン王の指令期間中にこの様な特別な状況のままで放棄するわけにいきませんでした。ジョバン・フランチェスコ・アロイスの死刑は、まさに短い瞑想であり、組織であり、異端裁判所の役員とナポリの補助人たちに反対する蜂起のこぶしでもあったのです。