falanghinaァランギーナのブドウは、約2世紀前、1825年に発見されました。ファランギーナはカンパーニア州のみに属するブドウです。名前はラテン語のphalangeに由来し、「杭や棒などに結ばれた」という意味があります。ファランギーナは、一般的に次のような特徴を示します:色は黄色の麦わら色で、うす緑色の反射で多少濃いめです。香りは繊細フルーティーな性質、味はやや辛めで若く、柔らかいです。
水牛のモッツァレラチーズと同じように貝類、甲殻類、魚ソースのパスタやリゾット、イカの煮物、魚のグリルやフライ等、典型的なシーフード料理に合います。黄色く優れたファランギーナは非常に多彩なワインで、あらゆる種類のシーフード、すべての州の野菜を使ったベジタリアン料理、白身肉、チーズと組み合わせることができます。生魚からキノコのスープまで、様々な種類の料理を提供することができます。他のワインどのワインもこれだけ幅広い料理と合わせることはできないでしょう。ファランギーナの酸性は時間が経つとともに進化を可能にします。熟成という後押しがなくてもが鼻は気持ちよく、フローラルで、味は濃密、若くまたは、非常に若くて永続的です。
(ルチアーノ・ピニャターロ Luciano Pignataro)