casavecchia

uva casavecchia di pontelatone

Casavecchia

サヴェッキアは神々しくミステリアスです。Pontelatoneの町にある古い家を意味する “casa vecchia”。その小さなブドウの発見を語る農民伝説があります。直径1mほどの切り株で、おそらく1851年に蔓延した恐ろしいオイディオム菌のまたは、ブドウネアブラムシの生き残りだと言われています。
カサベッキアは非常に品質の高いぶどうで、ナポリとフィレンツェの農業学部で現在研究されています。
カサヴェッキアをワインのトレブラナム(Trebulanum)から来ていると見なす説もあります。現在のPontelatone,Castel di Sasso, Liberi,Formicolaの町にあたる、古代サムニウム人の町Tremula Balliensisを囲む丘にあるブドウ畑から作るワインが、古代ローマ人、大プリニウス(Naturalis Historia博物史)の中で絶賛されています。
その増殖方はカットして接ぎ木をする方法で、ブドウの若枝をしっかりと地中に根を張らせる古い取り木の方法です。嗅覚と味覚のニュアンスは、ほんの少し果物の様なフルーティーな味わい深い感じがします。