Aglianico

リアニコはカンパーニア州、バジリカータ州で多く栽培されている品種ですが、プーリア州、モリーゼ州、サルデニア州でも見かけます。起源は大ギリシャ時代に遡り、ギリシャ語の”Ellenikon”がHellenico, Hellanicoに変化しAglianico(アリアニコ)になりました。
生命力と生産力のあるブドウです。
ブドウの房は中程度の大きさで密度があり、ブドウの実は濃紺で、堅く、しっかりとした蝋粉に包まれています。
ルビーレッドで程よく濃厚または明るい赤のザクロ色をしています。
やや辛く、深みがあり、バランスの取れた味で、オークの樽で熟成した若いタンニンとバランスがとれています。それは酒の特有の味で良好なアルコール含有量と良好な酸味に達する。ワイン醸造の初期段階のタンニンも、その後オーク樽の熟成により、程よいアルコール含有量と適度な酸度のより良い味に変化する。樽は、プルーンのコンフィチュール、