農園はカンパーニア州ヴォルトゥルノ川の谷下に位置し、カゼルタ市北部の緑に囲まれた小さな中世の村々が点在する典型的な農村地域です。

廃墟の抜け殻として1800年代初頭に生まれ、一部は外観をそのまま活かし、一部は修復されワイン製造作業のための工房opificioオピフィーチョとゲストハウスのforesteriaフォレステリアを加えと中央に試飲スペースdegustazioneデグスタッツィオーネを組み入れました。

農場はポーチの一部、二軒の凝灰石の廃墟後方と、2つの農家小屋、ヴォールト天井、既存の田舎家を修復して完成させたものです。建材の状態の良かった部分は補強しそのまま使用しました。

2つの建物間のプロジェクトのコントラストは明確で、部分的にはすべての機能を含むすべての機能を満載したコンパクトな単一の建物を構築しないという決断と、微小部分ではあるが、部分的に元の建材を使用するアーキテクチャを維持するという部分です。

メインフロアの2つ部屋には防水漆喰のヴォールト天井と、天然陶器の床タイルが張られ、振動を防ぐ木製の梁で出来た長い廊下に沿って4つの客室(客室設備整備ずみ)がある二階にはTrani(トラーニ)産の石でき出来た外階段でアクセスできます。

屋根と外壁周辺の接続部分のすべては透明なガラスで覆われており、つのパーツ部分を強調しています。元あったポーチは屋根付の道に向かって伸びています。建物に向かい縦方向に伸びた小道は白い石灰石で覆われた前庭エリアに到着します。

新しいワイン製造作業のための工房opificioオピフィーチョは、周辺に比べると人口的に作られた低地部分のエリアにあります。縦方向に伸びており(壁に深い縦溝が彫られています)一番高い部分はブドウ畑の高さと一致します。

基礎部分の漆喰は周りの土壌と同じ黒色で、オフィスや研究所がある最上部は帯状の窓と

正方形の小窓からの光で照らされ明るい黄色です。

倉庫の北側のみ、低層部分の屋根の突き出している部分がはっきり見え、それが悪天候や、製品の搬入搬出をプロテクトしています。倉庫の建物外壁とポーチはベスビオ山からの無煙石で舗装されています。

向いの土壌は本来の自然の状態で長いセメントのテラス壁へ続き、凝灰石は地下のBottaiaボッタイアとオピフィーチョへ続く整備された道を保護しています。